従業員の監視ソフトウェア

OsMonitor Skypeモニタ

従業員が出勤期間でSkypeで私事をしゃべるのはずっと企業の管理者にとって頭が痛くならせる問題です。ネットでのチャットツールの使うのはますます普遍になるに従って、チャットすることは日常茶飯事になります。しかし家でチャットすることと違って、事務室でチャットするのは仕事の効率を低めます。企業の雰囲気さえも影響します。更に従業員はSkypeなどのチャットツールを利用して当社の秘密を漏らす場合もあります。だから従業員のSkypeチャットをモニタしてレコードできるソフトはますます企業 の欠けられないものです。
現在広く伝わってきたSkypeShellを通じてSkypeを暗号にさせてチャットの内容が盗み読むことを防ぐ現象があります。Skypeチャットを使 って両方が通信すると、SkypeShellはすぐ相手の暗号化する機能をつけるかどうかを検査して、もし相手はインストールしなかったら 、 そのままに明文の方式でメッセージを送信したり受信したりします。もしすでにインストールしたら、双方は自動にキーを交換して、チャットの内容を暗号化させるようになるので、従業員は安心にSkypeを使ってチャットし始めて、たとえ他人がチャットの内容を見えてもただ文字化けばかりだと思っています。
以上の方法は本当に安全ですか?Skypeチャットの内容は本当に監視して調べる方法がありませんか?いいえ、OsMonitorがなんのバージョンのSkypeチャットの内容も監視して記録することができます。 管理者はLANですべてのユーザーのSkypeチャットを調べることができます。
今Skypeの記録は明文ですが、マイクロソフトはすぐに次のバージョンで通信箱を暗号化しなければならなくて、いったん暗号化したら、これらのソフトは全面的に淘汰されるところです。今でも、すべてのSkypeユーザーはhttp://www.Skypeshell.comで小さいツールをダウンロードして始めて、Skypeチャットの通信箱は二度と解けません。弊社のSkypeモニタはそうではなく 、通信階に基づかなく、Windows核心階に基づくので、従業員がチャットしなく、Windowsシステムを使わない 状況を除いて、Skypeは今後どう暗号化しても、すべて監視することができます。 しかもそのチャット内容を削除するかどうかにかかわらず、すべての記録がもう保存しました。

skype-Monitor

 

03